日语/文法/动词

维基教科书,自由的教学读本
< 日语‎ | 文法
跳到导航 跳到搜索

动词分类[编辑]

按活用形式分类[编辑]

如同许多外国语言,日文的动词也会因应着时态、文法功能等等而有各种变化。在日文中,词类的变化称为“活用”,而所有日文动词按活用形式(即动词规则)的不同可以分为三类。同一类动词,它们的动词变化(无论是过去式、现在式、或是其他各种各样的变化)都完全相同。只要弄懂这三种类型的变化方法,就可以套用在日文中所有动词上。

第一类动词→五段动词 第二类动词→一段动词 不规则动词→カ変・サ変动词。

以下是对三类动词的详细介绍。可以使用罗马拼音写出字尾较容易看出哪里相同。

五段活用动词[编辑]

五段活用动词的词尾分布在[う](u)段上:く ぐ す つ ぬ ぶ む る う。在日语动词中,五段活用动词最多,且活用变化最复杂。

例:く、む、つくる、う、

一段活用动词[编辑]

一段活用动词的词尾最后一个假名必为[る],而[る]前面的词尾假名必为[い](i)段假名或[え](e)段假名其中之一。由于[い]段和[え]段分别在五段的中间段[う]段之上一段和之下一段,故这两类动词分别称为“上一段动词”和“下一段动词”。不过上下一段动词的词尾变化规律完全一样,故统称为一段动词。一段动词的活用变化比较简单。

例:きる、る、つかれる、むかえる、ける

可以看出以る结尾的动词有可能是五段活用动词,也可能是一段活用动词。此时可以从以下的规则判断动词的分类:

  1. [る]前面不是[い]段或[え]段假名,则必为五段动词。
  2. [る]前面是[い]段或[え]段假名的动词,可以观察其汉字表记。汉字后面直接接[る]的几乎为五段活用动词;汉字后面隔一个假名才接[る]的则是一段活用动词。
  3. 有一部分的动词虽然是汉字直接接上假名,但属于一段活用动词,为例外。这种动词为数不多,初学常见的有:る(汉字少用)、る、る、る、る、る、る、る。

如果不擅长用规则判断的话,查字典永远是最好的方式。

不规则动词[编辑]

不规则动词只有两种:

  • する(做)。这个动词的变化方式称作“サ行変格活用”,简称“サ変”。所有する的衍生动词,例如勉强べんきょうする也都属于这类,变化方式与する完全一样。
  • る。这个动词的变化方式称作“カ行変格活用”,简称“カ変”。日语中只有此动词按这种规则变化。

按语法作用分类[编辑]

为求清楚起见以英语来说明,类似于英语的及物与不及物动词。
自动词:He runs away. 能够独立存在产生意义的动词为自动词。
    S + V + C
它动词:I kill him. 此类需要受词才能产生意义的动词为他动词。
    S+ V + O
(C是补语、O是受词)

动词的活用型[编辑]

日语动词最常使用的型式是连用形(ます型、た型、て型),再来才是未然形(否定句),推荐初学者先记好五段动词的连用型即可(-u → -i 好记学得快)。

动词的未然型(未然形[编辑]

表动作未完成时所使用,主要用来接续表示否定助动词“ない”,被动、可能助动词“れる・られる”,使役助动词“せる・させる”,意志、推量助动词“う・よう”等等。

活用变化规律如下。

五段活用动词的未然形[编辑]

否定时变化规律:将词尾由“う”段假名变成“あ”段假名即可,然后附上否定助动词“ない”。
推量时变化规律:将词尾由“う”段假名变成“お”段假名即可,然后附上推量助动词“う”。

例: 行く いか・ない /不去
いこ・う /想要去
泳ぐ およが・ない /不游泳
およご・う /想要游泳
聞く きか・ない /不听
きこ・う /想要听
休む やすま・ない /不休息
やすも・う /想要休息

特例:唯一与上述规律有违的是“ある/有、在”。“ある”的否定形式不是“あら・ない”,而是“ない/没有、不在”。

一段活用动词的未然形[编辑]

变化规律为:去掉词尾最后一个假名“る”,否定加助动词“ない”,推量加助动词“よう”

例: 出来る でき・ない /不会
でき・よう /想要会
着る き・ない /不穿
き・よう /想要穿
見る み・ない /不看
み・よう /想要看
起きる おき・ない /不起床
おき・よう /想要起床

カ行变格活用动词的未然形[编辑]

”变为“こ”,“こ”即是カ变动词的未然形。后续否定助动词“ない”或推量助动词“よう”,即可分别表示否定或推量的意思。

例: 来る こ・ない /不来
こ・よう /想要来

サ行变格活用动词的未然形[编辑]

“する”变为“し”,即为未然形。后续否定助动词“ない”即可表示否定,后续推量助动词“よう”则表示推量。

例: する し・ない /不做
し・よう /想要做
加工する 加工し・ない /不加工
加工し・よう /想要加工
勉強する 勉強し・ない /不学习
勉強し・よう /想要学习

动词的连用型(连用形[编辑]

不同分类的动词,其连用形不尽相同,动词连用形的用法很多,包括作(动)名词、表示中顿、后续敬体助动词“ます”构成敬体等等。其活用规律如下所示:

五段动词的连用形[编辑]

词尾“う”段假名变为“い”段假名。

例: 行く  →  いき
   呼ぶ  →  よび

五段动词的特殊连用形[编辑]

在后续助动词て・た等时,常会发生音便,音便规则如下:
く・ぐ→い 
す→し
ぶ・む・ぬ→ん
つ・る・う→っ

五段动词音便形示例:

立つ たった /站起来了
たって
買う かった /买了
かって

特例:五段动词中特殊音便的词仅有少数几个,须独立记忆。即:

终止型 た型 / て型
行った / 行って
問うた / 問うて
乞うた / 乞うて

一段动词的连用形[编辑]

去掉最后的词尾假名“る”。

例: 起きる おき
迎える かえ

カ行变格活用动词的连用形[编辑]

例: くる  →  き

サ行变格活用动词的连用形[编辑]

例: する  →  し

动词的终止型(終止形[编辑]

动词的终止形又称辞书型(辞書形),是尚未活用之前的基本型态。通常后面不接任何东西,又或者接续终助词而置于句末。

动词的连体型(连体形[编辑]

动词的连体形主要用于修饰体言,作定语。此外,可以后续某些助词。

现代日文中动词的连体形与终止型相同。

动词的假定型(仮定形[编辑]

在日文文言中为已然形(已然形)。

动词假定形的变化规律,不分类别,完全一致。即:任何动词,只须将其词尾(最后一个)假名由“う”段变至“え”段即可。如:

动词类型 原形 假定型
五段动词 やる やれ + ば / 如果……的话
一段动词 考える かんがえれ
隔てる へだてれ
カ变动词 来る くれ
サ变动词 する すれ

例: 君が行けばわたしも行きます。/ 如果你去的话,我也去。

动词的命令型(命令形[编辑]

动词自身活用变化来的命令形,是一种非常傲慢(不礼貌)的命令形式,一般用于军队口令、训斥等场合。各类动词的命令形式如下。

五段动词的命令形[编辑]

将词尾假名由“う”段变为“え”段即可,无须后续。

例: 行く 行け /滚!出发!
言う 言え /说!
飲む 飲め /喝!

一段动词的命令形[编辑]

将词尾最后一个假名“る”去掉,并后续“よ”(书面用法)或“ろ”(口语用法)。

例: 起きる おきろ、おきよ /起来!
逃げる にげろ、にげよ /快逃!
見る みろ、みよ /看!

カ变动词的命令形[编辑]

例: 来る  →  こい。  /来!过来!

サ变动词的命令形[编辑]

“する”的命令形有两种,即“せよ”和“しろ”。其中“せよ”用于文书上面,“しろ”多用在口语的讲话上面。

例: する せよ、しろ /做!
勉強する 勉強せよ、勉強しろ /用功!好好学!

礼貌的命令式[编辑]

日常生活中,多用“~なさい”、“~(て)ください”来表示较为客气的命令式,相当于汉语的“请”。

例: 行く 行きなさい
行ってください
/请去。

表例[编辑]

活用型 五段动词 一段动词 カ变动词 サ变动词
上一段动词 下一段动词
未然型 書か
書こ3
休ま
休も3
起き 食べ
连用型 書き 休み 起き 食べ
终止型 書く 休む 起きる 食べる くる する
连体型 書く 休む 起きる 食べる くる する
假定型 書け 休め 起きれ 食べれ くれ すれ
命令型 書け 休め 起きよ1
起きろ2
食べよ1
食べろ2
こい せよ1
しろ2
1 书面正式用法
2 口语正式用法
3 用于推量形

授受关系动词及其用法[编辑]

授受关系动词[编辑]

在日语中,表示“给予”及“接受”的动词统称为“授受关系动词”。授受关系动词分为三类,共七个,即:

a类: くれる/くださる 给(第一人称)…  (注:给自己或给跟自己有关的人,朋友亲戚之类)

b类: やる/あげる/さしあげる 给(第二、三人称)… 给他人

c类: もらう/いただく 得到…     任何人得到…

上述三类动词的用法分别如下所示。

a类: …は(一人称に)…[をくれる|くださる]/ …给(第一人称)…

其中,“くださる”为尊敬动词,故其主语地位应高于对象语。

例:  先生は(わたしに)本をくださいました。/ 老师给我了一本书。
    おうさんはおとうとにボールをくれます。/ 小王要给我弟弟一个球。

b类: …は(二、三人称に)…を[やる|あげる|さしあげる]/ …给(他人)…

其中,“やる”原则上应该用于人对动物、植物动作的场合,但男性及中小学生、儿童之间亦常用;“さしあげる”因是自谦动词,故其主语应为地位相对低下者。现代日语中,一般以“あげる”为常用通用形式。

例:  奧さんは毎日お花にみずをやります。/ 夫人每天给花浇水。
    わたしたちは日本人留学生に会話かいわの本をあげました。/ 我们给了日本留学生会话书。

c类: …は(任意人称)[から|に]…を[もらう|いただく] / …从…得到…

其中,“いただく”为自谦动词,故句中主语地位应低于授予者。

例:  王さんは社長しゃちょうから写真をいただきました。/ 小王从总经理那儿得到了照片。
    王さんは李さんからペンをもらいました。/ 小王从小李那儿得到了一支钢笔。(句中的[から]可以与[に]互换)

授受关系动词构成的补助动词句[编辑]

授受关系动词亦可接在“て”后作补助动词用,并构成补助动词句。即:

a类: …は(一人称に)…を(し)て[くれる|くださる]/ …为(第一人称)做…

例: 父は(わたしに)自転車を買ってくれました。/ 爸爸给我买了自行车。
   お母さんはにいさんにセーターをんでくださいました。/ 妈妈给哥哥织了件毛衣。

b类: …は(二、三人称に)…を(し)て[やる|あげる|さしあげる]/ …为(他人)做…

例:  母は犬や猫にえさを買ってやります。/ 妈妈给狗和猫买食。
    私はときどき友達に手紙てがみを書いてあげます。/ 我常给朋友写信。

c类: …は(任意人称)[から|に]…を(し)て[もらう|いただく] / …请(某人为自己)做…

例:  友達は私に新聞をとってもらいます。/ 朋友让我帮他拿报纸。
    王さんは学部長がくぶちょう推薦すいせんじょうを書いていただきました。/ 小王请系主任为他写了推荐信。

授受关系三原则[编辑]

上下有别、内外有别、内外有别优先。使用授受关系动词,首先要严格遵循“上下有别”、“内外有别”两原则,即要“上尊下谦”、“外尊内谦”。

例: お母さん(长辈)は兄さん(晚辈)にセーターをくださいました(尊敬动词)。/ 妈妈给了哥哥(一件)毛衣。

わたし(下级)は社長(上级)から写真をいただきました(自谦动词)。/ 我从总经理那儿得到了照片。

当“上下”关系及“内外”关系同时出现时,应本着“内外有别优先”的原则,忽略不计内部的上下关系,而将外部的相关人物及相关事情相对抬高,以示敬意。

例: うちの社長(公司内人物)はおたくの部长(其它公司人物)さんから手紙をいただきました(自谦动词)。/ 敝公司总经理收到了贵公司部长的函件。

(长辈)は兄(晚辈)にセーターをくれました(一般动词)。/ 妈妈给了哥哥(一件)毛衣。

注:将家庭内部事务讲给外人听的场合,对家人家事不可用尊敬词语。

动词的使役态、使役助动词“せる・させる”、使役句[编辑]

含有“使…(做)”、“让…(做)”之意的动词为使役态动词。五段动词未然形后接“せる”、“一段动词、カ变动词、サ变动词”未然形后接“させる”,便构成了使役动词。使役助动词“せる・させる”活用变化与一段动词相同。

五段动词未然形:词尾“う”段假名→“あ”段假名 + せる

行く  →   いか・せる   / 让去,使…去
話す  →   はなさ・せる  / 让说,使…说

一段动词未然形:    寝(る)         |
カ变动词未然形:    くる→こ         |-> + させる
サ变动词未然形:    する→せ        |

止める     →   やめ・させる  / 让中止
起きる     →   おき・させる  / 让起床
くる      →   こ・させる   / 让来

此外,サ变动词还可采用“词干 + させる”的形式。如:

担当する    →   担当・させる
心配する    →   心配・させる 心配(しんぱい)

使役句的基本形式: …は…[を|に]动词未然形 + [せる|させる]

使役句不能对尊长使用。表示使役对象的助词“を”和“に”要区别应用。一般来说,谓语动词为自动词的句中用“を”;谓语动词为他动词的句中用“に”。

例:  先生は生徒に本を読ませる。   / (他动词句)老师让学生读书。
    父は弟を郵便局へ行かせる。   / (自动词句)父亲让弟弟去邮局。

动词的被动态及被动助动词“れる・られる”[编辑]

含有“被…”之意的动词为被动态动词。五段动词未然形后接“れる”、“一段动词、カ变动词、サ变动词”未然形后接“られる”,便构成了被动动词。如:

五段动词未然形:词尾“う”段假名→“あ”段假名 + れる

書く  →   かか・れる   / 被写
呼ぶ  →   よば・れる   / 被叫作

一段动词未然形:去“る” + られる

開ける →   あけ・られる  / 被打开
食べる →   たべ・られる  / 被吃

原则上,五段和一段动词构成被动态必须是未然形后分别加上“れる”或“られる”;但实际操作中可以简单划一地记为:除“くる(カ変)”和“する(サ変)”两个动词外,其余动词(五段、一段)均将其词尾最后一个假名由“う”段变为“あ”段后再加上“れる”即可。

カ变动词未然形:    くる  →   こ + られる
サ变动词未然形:    する  →   せ + られる 或 サ变动词词干 + される

例:来る    →   来・られる   / 被来
  する    →   せ・られる   →   される/被做
  代表する  →   代表される/被代表

被动句的基本句型: …[が|は]…[に|から|によって]动词未然形 + [れる|られる]

表示“被…”部分的三个助词中,“に”、“から”主要用于口语,可互换;“ によって”通常用于书面语。

例:王さんはお父さん[に|から]ひどく言われました。/ 小王被他父亲狠狠的训了一顿。
  ドアは李さん[に|から]開けられました。/ 门被小李打开了。

当被动主体为团体或群体时,通常省略。

例:この花は(人々(ひとびと)[に|から])バラと呼ばれます。/ 这种花被(人们)叫作玫瑰。
  運動会が(大学によって)開かれました。/ 运动会被(大学)举行了。

被动句的扩展句型

…[が|は]…[に|から|によって]…を动词未然形 + [れる|られる]

扩展句型比基本句型多了一个宾语成分(“…を”),主要用于以下两种情况。

a) 处理双宾语句

例: 学生问了老师(间接宾语)一道难题(直接宾语)。 → 老师(主语)被学生问了一道难题(宾语)。 → 先生は学生に難しい問題を聞かれました。

推销员卖给我(间宾)假货(直宾)。 → 我(主语)被推销员卖了假货(宾语)。 → 私はセールスマンに偽物にせものけられました。

b) 处理汉语“…的…”结构

例:小王踩了我的脚。 → 我的脚被小王踩了。 → 我被小王踩了脚。→ 私は王さんに足をまれました。
  扒手扒了小李的钱包。 → 小李的钱包被扒手扒了。 → 小李被扒手扒了钱包。 → 李さんはすりに財布さいふをすられました。

日语的被动句多数含“受害感”,其中尤以自动词为最。

例:わたしは)雨に降られて風邪になった。/ 我因被雨淋而感冒了。
  両親りょうしんに死なれて孤児こじになった。 / 因父母亡故而成为孤儿。

可能态及可能动词[编辑]

日语动词变为可能态有四种方法。

a. 动词原形 + ことができる 

这是适用于任何动词的通用形式。

例:  大学に入ることができます。/ 能够上大学。
    お金がないから、テレビを買うことができません。/ 因为没有钱,所以不能买电视机。
    一人で来ることができますか。/ 你一个人能来吗?

b. 动词未然形 + [れる|られる] 

这也是通用形式,适用于任何动词。此时句中宾语助词“を”原则上应改用“が”。

例:  私は日本料理が作れます。/ 我会做日本菜。
    ねつで起きられません。/ 因为发烧而起不来(不能起床)。
    この機械で加工されます。/ 用这台机器能加工。

c. 五段动词词尾“う”段假名→“え”段假名 + る

专用形式,仅适用于五段动词。句中宾格助词“を”原则上要改用“が”。

例:  私は日本語がすこし話せます。/ 我会说一点日语。
    奥さんは日本料理が作れますか。/ 夫人您会做日本菜吗?
    一人で行けますよ。/ 我自己一个人能去。

d. サ变动词词干 + できる

专用形式,仅适用于“サ”变动词。此时句中宾格助词“を”原则上要改用“が”。

例:  ひまがないので、旅行できません。/ 因为没空,所以不能旅行。
    車が運転できます。/ 我会开车。

日语动词的词形变化[编辑]

终止形 ~ます ~て ~た ~ない ~ば ~う
食べる 食べます 食べて 食べた 食べない 食べれば 食べよう
見る 見ます 見て 見た 見ない 见れば 见よう
見せる 見せます 見せて 見せた 見せない 见せれば 见せよう
送る 送ります 送って 送った 送らない 送れば 送ろう
読む 読みます 読んで 読んだ 読まない 読めば 読もう
待つ 待ちます 待って 待った 待たない 待てば 待とう
住む 住みます 住んで 住んだ 住まない 住めば 住もう

日语现在时[编辑]

~~~います
私は今新聞を読んでいます。


参见[编辑]