跳转到内容

日语/文法/助動詞

维基教科书,自由的教学读本
< 日语‎ | 文法

否定助動詞[编辑]

ない[编辑]

否定助動詞「ない」接在未然形後,於標準日語或是東北方言慣用於普通非敬語的否定;但近畿方言的非敬語卻反而慣用「」做否定。

活用[编辑]

活用型 未然形 連用形 終止形 連体形 假定形 命令形
けい よう し がた  なかろ
(なから)
なく
なかっ
ない なけれ -

未然形只用來接續推量助動詞「」,但注意到雖然「なから」才是原始的拼法,但因為 /a/ + /u/ → /oː/ 這種音變的發生,所以現代依據實際發音拼為「なかろ」。

ない」的連用形和普通的形容詞一樣,有「なく」和「なかっ」兩種形式,而且用法也類似;因為「なく」也是用來接續助詞「て・ても」;而「なかっ」也是用來接續其他助動詞(如「」)。

用例[编辑]

以下都是以標準日語為例。

(1)未然形

このころ うちは種種くさぐさ と こ んでゐ たから、ご しち 日もこ なからが、そりゃアつね の事た。

/ 那時因種種的事而焦頭爛額,所以才會五七天來吧,但這是很正常的事。 (花筐 松亭金水 1841)

當時仍然使用舊假名,所以表持續狀態的補助用言「いる」會拼為「ゐ 」;而「そりゃア」只是「それは」的口語音便。

但這已經是過時的用法。當代都是以終止形「ない」 + 「でしょう・だろう」來表達這種否定的推量,也就是把推量助動詞換到斷定助動詞後面,如:

小林さんは行かないでしょう / 小林大概不去吧。

今日、あめ ふ ないでしょう / 今天不會下雨吧。

あの人はここに住んでいないだろう / 他不住在這吧。


(2)連用形

昨日きのう も、そら は なかっ / 昨天,也沒放晴呢。


い なくてもいい / 不去也行。


(3)終止形

い ない / 不需要。


(4)連體形

そんなことがわ からないものか? / 那種事情你會不知道? (反問)


もっと寿じゅ みょう の ないものかとねが っている。 / 希望壽命能更加延長。(以對否定的疑問表達願望)


(5)假定形

分からなけれせん せい き いてください。 / (如果)不懂的話,請問老師。


[编辑]

」是古典否定助動詞「」的現代殘留,也接在未然形後。(特別注意變動詞是以古典未然形語尾「」接續「」)。

標準日語的敬語與近畿方言的非敬語都是以「」做否定(因為古典日語的標準腔調分布於近畿地方)。一般來說標準語除非是敬語是不會使用「」的,但標準語內有許多直接從古典日語繼承的慣用語和慣用法都含有「」。

活用[编辑]

活用型 未然形 連用形 終止形 連体形 假定形 命令形
とく しゅ がた  - ぬ(ん) -

事實上「」本來是古典否定助動詞「」的連體形,但因係結法則的消滅,終止形傾向於被連體形所取代,這也是為什麼現代日語的連體形跟終止形幾乎是一樣的,除了形容動詞和少數助動詞(如)以外。

」是「」的音便,作為終止形時「」比較常用,反之連體形比較常用原來的「」。

用例[编辑]

(1)近畿方言的非敬語

よく分から / 不大清楚


すま / 對不起 (講標準語的男性也會使用)


(2)標準語敬語

すみませ / 對不起(丁寧型)


私は先生ではありませ / 我並不是老師(丁寧型)


(3)標準語的慣用語

の く  / 不吃不喝 (第一個「」是連用形表示並列,第二個「」是古典終止形)

見て見ふ  / 視而不見 (連體形修飾名詞)

知ら知ら / 不知不覺 (第一個「」是連用修飾語,第二個「」是古典終止形)

言わはな  / 不說為妙 (連體形充當體言接續助詞「」,注意這裡的「」相當於現代的「」)

ふ りもて りも / 不雨也不晴 (第一個「」是連用形表示並列,第二個「」是古典終止形)

おも わら  / 不禁而笑 (連用形做為連用修飾語,修飾後面的動詞)

おも で き ごと  / 意外事故 (連體形修飾名詞)


(4)標準語的慣用法

以下的用法都比較文謅謅。

メガネをかけ本をよ んでも、ほとんど読める。 / 不戴眼鏡看書,卻可以看的很清楚。

(連用形轉為體言,然後接續助詞「」)
あに ごう かく おとうと は合格した / 哥哥沒有及格,弟弟卻及格了。

(連用形暫時中斷句子,並表示並列)


[编辑]

」接在連用形之後,表示過去完了或是狀態的持續,表完了亦可以用補助動詞「しまう」,但兩者的意義有細微的差別,如

うみ い  / 往海邊去了。

海へ行ってしまった / 已經往海邊去了。(已經徹底完成,可能暗示遺憾或與原本的意志相違)

味噌みそ しる   / 喝過味噌湯了。

味噌汁を飲んでしまった / 喝完味噌湯了。(已經徹底完成,可能暗示遺憾或與原本的意志相違)

(注意上面的「」和「」是「」和「」受行五段動詞「飲む」的連用形音便而濁音化的結果)


」是由古典完了、持續助動詞「たり」簡化而來的[1],在古典過去助動詞「」與「けり」逐漸被遺忘之後,「」反而取而代之,扛下了表過去的功能。

活用[编辑]

活用型 未然形 連用形 終止形 連体形 假定形 命令形
とく しゅ がた  たろ
(たら)
たっ たら -

未然形「たろ」是未然形「たら」+ 推量助動詞「音變後,經過現代拼寫改革的結果。

連用形「たっ」是古典完了助動詞「たり」的連用形「たり」的音便。

用例[编辑]

(1)未然形

分かったろ / 明白了吧。

但以上表狀態、完了的推量用法已經過時,現在多用終止形「」+斷定助動詞 + 「」,就如下面的例子:

分かっでしょう / 明白了吧。


(4)連用形

そんなこと言ったっ / 那件事說過了吧!


其實「たっけ」是「たりけり」的音便,也就是說,這是古典完了助動詞「たり」(「」的前身)的連用形和古典過去助動詞「けり」的組合。而「けり」本身就帶有說話者提醒聽者這件事為他們兩者所熟知的意涵。


(3)終止形

去年こぞ なつ 、はじめてヨットにの  / 去年夏天,第一次坐遊艇。


つき で  / 月亮出來了。

きみ いえ い がい ちか かっ / 你家意外地近。(存續狀態)


(4)連體形

あしたはや き ひと からじゅん めん せつ します。 / 明天早到的人依序面談。


もん だい と からかえ ってよろしい。 / 會解問題的人可以回去。

とが えん ぴつ  / 尖的筆 (存續狀態)

(5)假定形

接「」表條件,但「」通常省略。

はし わた たら(ば)ポストがある。 / 過天橋就有郵筒。


かえる な たらあめ ふ る。 / 青蛙叫就會下雨。(習慣說法)


ます[编辑]

[ます]接在動詞的連用形後,構成動詞的丁寧形式。

活用型 未然形 連用形 終止形 連体形 假定形 命令形
とく しゅ がた  ませ
ましょ
まし ます (ますれ) ませ・まし

例: 行く ---> 行きます
   ある ---> あります
   いる ---> います
   迎える ---> むかえます
   くる ---> きます
   する ---> します

[ます]的常用形式有五種,即:
ます(肯定式)
ました(過去肯定式)
ません(否定式)
ませんでした(過去否定式)
ましょう(推量式,表示勸誘、意志等)

例: あした、日本語の試験を受けます。/明天要考日語。
   きのう、買い物をしました。/昨天買了東西。
   忙しいから、テレビを見ません。/因為太忙了,所以不看電視。
   食事しょくじ をしませんでした。/沒有吃飯。
   いっしょにお正月を迎えましょう。/我們一起過年吧。

斷定助動詞[编辑]

日語的斷定助動詞有「」、「です」、「である」這三個。從語源來看,「である」是大約於鎌倉時代,由古典斷定助動詞「なり」的連用形「」發展而來,也就是由「にてあり」音便而來的,並於室町時代被廣泛使用。注意到「あり」是現代「ある」的古型,而「である」繼承的卻是現代「ある」的五段的活用,反而不是古典行變格。[2]

(讀者注意到「である」的來源和助詞「」是十分類似的)

由這之後,「である」進一步的音便成「であ」,然後推測於室町時代最終演變成「」。而文獻上顯示「」多出現在當時的關東地區。與雖說如此,「」的活用有部分卻有古典斷定助動詞「なり」的殘餘(連用、連體、假定)[3]

です」被推測是江戶時代末期,作為「だ」的丁寧型而產生,但語源眾說紛紜[4],唯一能確定的是其活用與丁寧助動詞「ます」十分類似。 現代日語的習慣上,「だ」用於一般口說,「です」是「だ」的丁寧語,「である」則常用於書面和正式場合。

活用型 未然形 連用形 終止形 連体形 假定形 命令形
五段型 であろ
(であら)
であり である - -
特殊型 だろ
(だら)


だっ
なら
特殊型 でしょ
(でせ)
でし です です -

注意到上面「」的活用,紅色的部分是繼承自「である」,藍色的部分則是繼承自古典斷定助動詞「なり」。沒有顏色的連用形「だっ」一開始並沒有,來源未知,一開始多被浪跡天涯的俠客使用,直到安永時代才廣為流傳。

例: あしたははれ ではないでしょう。 / 明天不是晴天吧。
   こちらは工場であり、あちらは学校であった。 / 這裡曾經是工廠,那裡曾經是學校。
   雨であれば運動会は中止する。 / 如果下雨,運動會就不開了。
   みなさんも分かるであろう。 / 諸位大概都明白了吧。
   あのかた 学者がくしゃ でもあり、政治家せいじか でもあります。 / 那位既是學者,也是政治家。

希望助動詞[编辑]

たい[编辑]

たがる[编辑]

推量助動詞[编辑]

五段活用動詞將詞尾由「う」段假名變成「お」段假名後,才能接續推量助動詞「う」。

例: 行く いか・ない /不去
いこ・う /想要去
泳ぐ およが・ない /不游泳
およご・う /想要游泳
聞く きか・ない /不聽
きこ・う /想要聽
休む やすま・ない /不休息
やすも・う /想要休息

但一段活用動詞、カ行變格的未然形直接接續推量加助動詞「よう」即可

例: 出来る でき・ない /不會
でき・よう /想要會
着る き・ない /不穿
き・よう /想要穿
見る み・ない /不看
み・よう /想要看
起きる おき・ない /不起床
おき・よう /想要起床
例: 来る こ・ない /不來
こ・よう /想要來

サ行變格活用須以未然形「し」接續推量助動詞「よう」來表示推量。

例: する し・ない /不做
し・よう /想要做
加工する 加工し・ない /不加工
加工し・よう /想要加工
勉強する 勉強し・ない /不學習
勉強し・よう /想要學習

れる・られる[编辑]

含有「被…」之意的動詞為被動態動詞。五段動詞未然形後接「れる」、「一段動詞、カ變動詞、サ變動詞」未然形後接「られる」,便構成了被動動詞。如:

五段動詞未然形:詞尾「う」段假名→「あ」段假名 + れる

書く  →   かか・れる   / 被寫
呼ぶ  →   よば・れる   / 被叫作

一段動詞未然形:去「る」 + られる

開ける →   あけ・られる  / 被打開
食べる →   たべ・られる  / 被吃

原則上,五段和一段動詞構成被動態必須是未然形後分別加上「れる」或「られる」;但實際操作中可以簡單劃一地記為:除「くる(カ変)」和「する(サ変)」兩個動詞外,其餘動詞(五段、一段)均將其詞尾最後一個假名由「う」段變為「あ」段後再加上「れる」即可。

カ變動詞未然形:    くる  →   こ + られる
サ變動詞未然形:    する  →   せ + られる 或 サ變動詞詞干 + される

例:来る    →   来・られる   / 被來
  する    →   せ・られる   →   される/被做
  代表する  →   代表される/被代表

被動句的基本句型: …[が|は]…[に|から|によって]動詞未然形 + [れる|られる]

表示「被…」部分的三個助詞中,「に」、「から」主要用於口語,可互換;「 によって」通常用於書面語。

例:王さんはお父さん[に|から]ひどく言われました。/ 小王被他父親狠狠的訓了一頓。
  ドアは李さん[に|から]開けられました。/ 門被小李打開了。

當被動主體為團體或群體時,通常省略。

例:この花は(人々(ひとびと)[に|から])バラと呼ばれます。/ 這種花被(人們)叫作玫瑰。
  運動会が(大学によって)開かれました。/ 運動會被(大學)舉行了。

被動句的擴展句型

…[が|は]…[に|から|によって]…を動詞未然形 + [れる|られる]

擴展句型比基本句型多了一個賓語成分(「…を」),主要用於以下兩種情況。

a) 處理雙賓語句

例: 學生問了老師(間接賓語)一道難題(直接賓語)。 → 老師(主語)被學生問了一道難題(賓語)。 → 先生は学生に難しい問題を聞かれました。

推銷員賣給我(間賓)假貨(直賓)。 → 我(主語)被推銷員賣了假貨(賓語)。 → 私はセールスマンに偽物にせもの う つ けられました。

b) 處理漢語「…的…」結構

例:小王踩了我的腳。 → 我的腳被小王踩了。 → 我被小王踩了腳。→ 私は王さんに足をふ まれました。
  扒手扒了小李的錢包。 → 小李的錢包被扒手扒了。 → 小李被扒手扒了錢包。 → 李さんはすりに財布さいふ をすられました。

日語的被動句多數含「受害感」,其中尤以自動詞為最。

例:わたし は)雨に降られて風邪になった。/ 我因被雨淋而感冒了。
  両親りょうしん に死なれて孤児こじ になった。 / 因父母亡故而成為孤兒。

せる・させる[编辑]

含有「使…(做)」、「讓…(做)」之意的動詞為使役態動詞。五段動詞未然形後接「せる」、「一段動詞、カ變動詞、サ變動詞」未然形後接「させる」,便構成了使役動詞。使役助動詞「せる・させる」活用變化與一段動詞相同。

五段動詞未然形:詞尾「う」段假名→「あ」段假名 + せる

行く  →   いか・せる   / 讓去,使…去
話す  →   はなさ・せる  / 讓說,使…說

一段動詞未然形:    寝(る)         |
カ變動詞未然形:    くる→こ         |-> + させる
サ變動詞未然形:    する→せ        |

止める     →   やめ・させる  / 讓中止
起きる     →   おき・させる  / 讓起床
くる      →   こ・させる   / 讓來

此外,サ變動詞還可採用「詞干 + させる」的形式。如:

担当する    →   担当・させる
心配する    →   心配・させる 心配(しんぱい)

使役句的基本形式: …は…[を|に]動詞未然形 + [せる|させる]

使役句不能對尊長使用。表示使役對象的助詞「を」和「に」要區別應用。一般來說,謂語動詞為自動詞的句中用「を」;謂語動詞為他動詞的句中用「に」。

例:  先生は生徒に本を読ませる。   / (他動詞句)老師讓學生讀書。
    父は弟を郵便局へ行かせる。   / (自動詞句)父親讓弟弟去郵局。

樣態助動詞[编辑]

ようだ[编辑]

「ようだ」可以接在用言連體形後,也可以接在「體言 + の」之後,意為「好像…(一樣)」。

「ようだ」的活用變化與形容詞相同,常用形式有:終止形(原形)、連體形(ような)、連用形(ように)、中頓形(ようで)等。

例: 李さんは疲れたようですね。 / 小李好像累了。
   このかわ ふか いようで、あぶ ない。 / 這條河好像很深,危險。
   田中さんは元気なようですね。 / 田中先生好像身體不錯。
   私の言うようにしてください。 / 請像我說的那樣做。
   王さんのようなテレビがほしい。 / 我想要一台像王先生那樣的電視機。

そうだ[编辑]

「そうだ」可用於表示事物的狀態,通常譯作「似乎…」、「像…(樣子)」;接在動詞之後時常有「幾乎(馬上)就要…」之意。其接續方式如下。

動詞連用形 |-> そうだ(そうに•そうな•そうで)
形容詞•形容動詞詞幹 |

(特例: よい•ない → よさ•なさ + そうだ)

例: よさそうな本を買いました。/ 我買了一本(似乎)挺好的書。
   山田さんは、元気そうですね。/ 山田先生(看上去似乎)挺精神的。
   雨が降りそうになりました。/ 變天了,馬上就要下雨了。

樣態助動詞「そうだ」的否定式比較特別,常用形式有「…そうもない」、「…そうにない」、「…そうにもない」,意為「一點沒有…樣子」、「根本不像…樣子」。當「そうだ」接在形容詞、形容動詞之後時,有時亦可用「…そうではない」表示否定。

例: 雨が降りそうもありません。/ 一點沒有要下雨的樣子。
   李さんは行きそうにありません。/ 小李根本不像要去的樣子。
   この辺りは靜かそうではありません。/ 這一帶似乎不安靜。

傳聞助動詞[编辑]

[そうだ]可以接在各類活用詞終止形後,表示,其敬體形式為[そうです],意為「(第一人稱)聽說…」

例: きのう、李さんは休みだったそうです。/聽說昨天小李休息了。

參考資料[编辑]

  1. https://kotobank.jp/word/%E3%81%9F-556028
  2. https://kotobank.jp/word/%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B-332613
  3. https://kotobank.jp/word/%E3%81%A0-556047
  4. https://kotobank.jp/word/%E3%81%A7%E3%81%99-575878